MENU

オールインワンジェルは女性だけじゃない!メンズ用もあります!

 

考える男性

 

「男は黙って、水道で顔を洗っておけばいい!」

 

昭和なおじさん的考えはもう古いですよね(汗)

 

メンズコスメ市場は右肩上がり!またお肌がきれいな男性が好き!
という女子も増えてきましたし、仕事先で「お肌がきれい=できる男」と思われるかもしれません。

 

そんなあなたのため、ラクチン!メンズ向けのオールインワンジェルをご紹介します!

 

 

【よくあるお肌のお悩み】

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

 

ZIGEN オールインワンフェイスジェル

 

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:100g※約2か月
  • 値段:3,990円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

  • お肌の乾燥対策
  • ひげ剃り後のケア
  • 外回りの紫外線ダメージケア

 

などに最適です。

 

 

デメリットは?

 

返金保証がない点です。

 

 

【ZIGEN公式】
→https://www.zigen-shop.com

 

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル毛穴

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

 

保湿力が売りのオールインワンジェルのため、普通〜乾燥肌向けといえます。

 

【公式】→https://mediplus-orders.jp

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

ピュアメイジング

 

ニキビ訴求

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】

 

→http://puremazing.jp/

 

 

 

 

 

 

 

お顔のお悩み特集〜

 

美容を語る女性

 

顔にできるシミの原因を解説

 

顔にできるシミの原因には何があるのでしょうか?

 

残念ながら、大きな要因のひとつに「加齢」があげられます。多くの場合、シミは若い方にはあまり出てきませんね。加齢により新陳代謝が衰えてくることで、ターンオーバーが崩れ、メラニン色素の生成が活発になってしまうのです。

 

しかし、若くても気を付けなくてはいけないのが「紫外線」です。シミの原因の大半は紫外線といっていいでしょう。紫外線を浴びることで、肌はメラニンを過剰に分泌することになり、シミが出来てしまうのです。紫外線というのは、何年も何十年も、無意識に慢性的に浴び続けているものです。完全に防備することは難しいのですが、今からでも遅くありませんからできるだけ紫外線を浴びないように気を付けることが大切です。

 

また、「ストレス」と原因のひとつです。ストレスがたまることでお肌のターンオーバーが崩れ、ホルモンのバランスも崩れ、シミとなってあらわれてくるのです。

 

そして「食物」が原因になることも少なくありません。肌の状態は食生活に直結しています。ビタミンCを含む柑橘系や野菜などを大量に食べて日光を浴びると化学反応を起こしてシミができる、という報告もあります。

 

「睡眠不足」もいけません。ストレスの原因になり、肌に異常が現れることでシミの原因を作ることになります。

 

顔のたるみの原因を解説

 

顔のたるみで悩んでいる人は多いです。一番の原因は加齢といわれていますが、じつはそれだけではないです。

 

たとえば、睡眠不足、紫外線による肌のダメージというものもかなり深刻です。

 

紫外線によって肌のダメージをうけると肌の表面だけでなく深層部分の細胞にもダメージをうけています。

 

肌が自分の力でつくりだすコラーゲンやヒヤルロン酸の生成する力が不足してしまいます。

 

さらに肌は夜つくられるといわれますが、睡眠不足によって肌の弾力がなくなっていきます。

 

また日ごろから姿勢の悪さというものも、たるみの原因です。

 

とくに猫背の姿勢をしていることによって首の後ろが縮むことで、首の前の部分が伸びるために頬が下に引っ張られた状態がつづきます。これによってたるみます。

 

さらには顔の表情筋の衰えもあります。顔にも体と同じように筋肉があります。

 

ものをたべたり、しゃべったりすることで動きます。それによって血流がよくなったり、肌の弾力が保たれていますが、
この筋肉が弱ると、肌の上にある脂肪や皮膚を支えられなくなって、たるみやしわができるようになります。

 

このように、たるみといってもさまざまな要因でできてしまいます。日常生活や姿勢にも気を配る必要があります。

 

 

オイリー肌の特徴を解説!

 

オイリー肌とは、ノーマル肌と比較して皮脂が沢山出やすい特徴を持つ肌質のことです。

 

見た目にテカリが強く、肌に触れた時にもベタつきがあります。持って生まれたものがオイリー肌ということもありますが、後天的な原因があってテカリやすい肌になることも多いです。

 

例えば洗顔のし過ぎです。テカリを解消するために過剰に洗顔がされることもありますが、洗い過ぎてしまうと余計に皮脂の分泌が活発になります。

 

皮脂は肌にも必要な存在であり、それを奪ってしまうことで沢山出そうと皮脂腺も活発に活動します。するとテカリが余計に強くなるという悪循環に陥りますので、顔の洗い過ぎには注意した方が良いでしょう。

 

ストレスもテカリを強くする原因のひとつです。何らかのストレスが続くと交感神経が活発になりますが、それによって皮脂腺を刺激してテカリを強くします。ストレスに原因がある場合は元から改善をしないとコントロールも難しくなります。

 

食生活の乱れもオイリー肌を作る原因になり得ます。例えば油っこい食事が多い場合は要注意と言えるでしょう。

 

脂質を分解し切れなくなってしまうため、毛穴からも皮脂が出やすくなります。改善のためには脂質を抑えた食事を心掛けると共に、全体の栄養バランスをしっかりと整えることが大切です。

 

乾燥肌になる原因は?

 

肌が乾燥することは人間共通の悩みです。その原因は身近なことや全く見に覚えの無いことまで様々です。

 

原因を知ることで乾燥肌の対策をすることもできます。乾燥肌になる原因としてまず誤ったスキンケアがあります。

 

間違った方法で行うと肌が乾燥するので気をつけましょう。具体的にはスキンケアをする際力を入れすぎて肌を擦りすぎると角質層を傷つけその結果、肌を傷つけることになります。

 

またスキンケアをする人にはクレンジングや洗顔を多くする人がいますがそれは逆効果です。肌にはバリア機能がありこれは寝ている間に回復します。

 

しかし朝起きて肌のバリア機能を流してしまうことになります。なので洗いすぎには気をつけましょう。乾燥肌になる原因として食生活が原因なこともあります。

 

ハンバーガーやポテトなどのファストフードや極端な食事、そして偏食には十分に気をつけて正しい食生活を送りましょう。また生活習慣が原因で乾燥肌になることもあります。

 

例えば寝不足の場合、肌にダメージがでるので予想以上に肌が痛みがちとなります。また熱いお湯で長期間入浴することも肌を傷つけることに繋がります。

 

具体的な温度としては42度以上です。またスキンケアと同じで肌を強く洗うのは乾燥肌の原因に繋がります。

 

敏感肌になる原因とは?

 

敏感肌になる原因として生まれつき肌が刺激に弱い、ということもありますが、他の原因として乾燥肌の悪化を挙げることが出来ます。

 

本来の肌は紫外線やほこりのような外的要因から身を守る機能を持っています。

 

しかし肌が乾燥すると毛穴が開きやすい状態になり身を守ることが出来ず、肌機能は衰えてしまい、外的要因を受けやすい状態になってしまいます。

 

外的要因を受けやすい状態になることで肌の状態は悪化し、乾燥肌から敏感肌になってしまうため、乾燥肌であるならば悪化させないように肌の保湿を重要ポイントにすることが大切になります。

 

肌の保湿といえば化粧水ですが、ただ化粧水を使用するだけでは化粧水が蒸発してしまいますし、
化粧水が蒸発する際に肌の水分まで一緒に蒸発してしまうので、更に肌の乾燥を進めてしまいます。

 

そのため化粧水を使用した後はクリームや乳液を使用して油分の幕を作ることことが大切です。

 

また敏感肌でも使用できるオールインワンジェルもありますが、敏感肌を改善したいのであれば、化粧水や美容液、乳液などをライン使いする化粧品を使用することがポイントです。

 

オールインワンジェルは便利な一品ですが、全ての働きを一つに詰めているためライン使いよりも劣ってしまうことは否めません。

 

そのため肌質を改善することを目的にするのであれば、ライン使いが敏感肌改善のポイントになるかもしれません。

 

 

化粧品の基礎を学びましょう

 

化粧水の役割とは?

 

普段何気なく化粧水を使っている人も多いのではないでしょうか。いったいなぜ使うのかと疑問に感じませんか。

 

実は化粧水を使うことには、しっかりとした理由があったのです。使うタイミングとしては、主にお風呂に上がりなどの洗顔後に使う人が多いはずです。洗顔後は肌から水分が出ていやすく、保湿するためにも理想のタイミングでもあるのです。化粧水の役割でもある、肌を保湿することができます。そして化粧水の成分のほとんどは水でできています。ここにグリセリンやエタノール、さらに肌を保湿する成分が多く配合されており、より肌に浸透しやすくなっているのです。このように、肌への浸透力が高いことは他の作用としても働きます。例えば肌の水分量を補い、柔らかくすることが挙げられます。これはこの後に使用する乳液がよりムラなくぬることができることにもつながるのです。化粧水の役割は肌の保湿だけではありません。逆に過剰に分泌する皮脂を抑えて、肌を引き締めるという役割も果たしています。今までオイリー肌だからといって洗顔後の保湿を行っていなかった人も、この機会にぜひ化粧水を使用してみてはいかがでしょうか。このように、普段使っている化粧水はなぜ使うのか、ということがわかるとより丁寧にスキンケアすることができるのではないでしょうか。

 

 

乳液の役割とは?なぜ使うの?

 

 

乳液を普段、肌のケアで使っている人は多くいますがその役割を知らない人も多くいるのではないでしょうか。通常の役割としては肌中にある水分と油分、補填しそれらを保つ効果があります。なので乳液の油分によって肌の表面を覆い、それによって水分が蒸発することを抑えることが期待できます。またなぜ使うかのですが化粧水を使った後に使うことで化粧水の効果で肌に浸透したうるおい成分を乳液を上から重ねることで蒸発を防ぐ狙いがあるからです。なので化粧水との相性は抜群といえ、化粧水を使うなら必ず併用して使うようにしましょう。また役割として似ているのがクリームです。乳液とクリームですが違いとしては成分に含まれる水分と油分の割合となっています。クリームの方が一般的には油分が多いです。一方で乳液の方は水分が多く、さらっとした感触がします。乳液の方は肌につけたときの伸びがあり、成分も軽いのでつけた感じが気持ちいいです。一方クリームは油分が多い通り、こってりしまています。そのためつけたあともしっとりとした感触が長く残ります。この2つ使い分ける上で重要なのは年齢や肌タイプです、全ての人に最適な方があるので適度に使い分けると良いでしょう。

 

 

オールインワンジェル化粧品のメリット・デメリット

 

オールインワンジェル化粧品は、洗顔後これ1つでスキンケアが完了する手軽な基礎化粧品として人気です。化粧水・乳液・美容液・クリームといった、スキンケアの機能がオールインワンジェル化粧品1つで得られます。

 

スキンケアの時間を短縮できるというメリットが注目されるオールインワンジェル化粧品ですが、ケアの時短だけでなく「肌への負担を減らしたスキンケアが出来る」というメリットもあります。

 

肌が敏感という方が化粧水・乳液・美容液・クリームを塗る基本的なスキンケアを行った場合、何回も肌に触れなければいけません。肌を擦る回数が増えれば増えるほど、肌には負担となってしまいます。

 

オールインワンジェル化粧品の場合、適量をサッと塗り広げるだけなので一般的な基礎化粧品を使ったスキンケアと比較すると、各段に肌に触れる回数は減ります。

 

結果、肌にダメージを与えず、スキンケアが出来るのです。

 

しかし、デメリットもあり「使い分け」が出来ません。

 

乾燥している時は化粧水や美容液を多めに塗る、
皮脂が多いといった時には乳液やクリームの量を減らすといった、肌の状態に合わせたスキンケアを行いにくい傾向にあります。

 

より、自分の肌に合ったスキンケアを行いたいという場合、オールインワンジェル化粧品は不便と感じるかもしれません。